HOTOTOGISU -滅せぬ者のあるべきか-・姦白宣言(つるみく/2012)

政治と財閥の権力争いを扱った硬派な2作で、「姦白宣言」は「HOTOTOGISU」の外伝として先に発売されています。
ハードな凌辱とスカッとするプレイが多く、いい大人が楽しめそうな要素を上手く盛り込んでいる印象でした。
しかし、個人的にはあまり良い作品じゃなかったです。綺麗にまとめてはいるんですが。

HOTOTOGISU ~ULTRA PATRIOT~ & 姦白宣言 - つるみく


シナリオは「HOTOTOGISU」も「姦白宣言」も似たようなもので、
敵対勢力の関係団体を1つずつ手中に収めていき、
その過程でその団体のヒロインを1人ずつ凌辱していきます。
「HOTOTOGISU」は主人公が総理大臣への復讐を目的に、
政党のバックにいる宗教団体や製薬会社をターゲットにするお話。
「姦白宣言」は財団の後継者争いに参加した主人公が、候補者を1人ずつ潰していくお話。
2作とも悪逆非道を地で行く主人公が美女を堕として手下にし、
他人を蹴落としてのし上がる作風が一貫しているため、
色んな意味でスカッとできます。

しかし、凌辱・鬼畜は期待した割に肩すかしでした。
マスクやスカッとした過激なプレイが半ばコントに見えてくるというかw
全体的に堕とし方がワンパターンかも。
シナリオはしっかりしているのでいいんですけど。

「姦白宣言」は「HOTOTOGISU」のボリューム縮小版のようなもので、
2作とも凌辱のマンネリ感がすごく似ています。
同じようなシナリオなので値段的に「姦白宣言」が見劣りし、
凌辱も比較的行き当たりばったりですね。
ただし、「してやったり」という愉悦はどちらをプレイしても得られるので、そういうのを求める人にはいいかもしれません。

※ちなみに、プレイしたのは別々なのでULTRA PATRIOTは未プレイです。


DMM
HOTOTOGISU ~ULTRAPATORIOT~

通販
HOTOTOGISU ~ULTRAPATORIOT~&姦白宣言

駿河屋




コムショップ
HOTOTOGISU ~ULTRAPATORIOT~&姦白宣言(ゲーム博物館)

HOTOTOGISU -滅せぬ者のあるべきか-(エロゲー批評空間)
姦白宣言(エロゲー批評空間)

短文レビュー DL販売あり 感想 2012年. 2010~14年 商業. 抜きゲー フルプライス.

tag : 短文レビュー DL販売あり 2012年. 2010~14年 商業. 抜きゲー フルプライス.

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bbbvvv

Author:bbbvvv
実験場です

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別+カテゴリー
 
検索フォーム
通販サイト


エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示